AURO Nr.380 多目的強力接着剤(室内用) 天然ラテックスミルクを使った強力接着剤です。フローリングやカーペットを始め、垂直面(タイルなど)の接着も可能です。材料費の目安:約980円/m2(1回塗り施工)

【使用成分】全成分公開
  • 鉱物充填剤
  • 天然ゴム
  • ロジンエステル樹脂
  • 亜麻仁油
  • カゼイン
  • セルロース
  • クレイ
  • カリウム
  • チアゾール
【成分構成グラフ】
  • 天然原料1天然原料1
  • 天然原料2天然原料2
  • 鉱物原料鉱物原料
  • 合成原料合成原料

AURO 125 成分構成比率

【ドイツ規格で認証された安全性】
  • AgBB VOC排出量に関する健康評価が認められている。
自然塗料 AURO(アウロ) No.311の特長 天然ゴムを使った
安全な室内用の強力接着剤
AURO(アウロ) No.380はゴムの木から抽出したラテックスミルクを主成分とした水性の接着剤です。フローリング(床暖房対応可)やカーペット、タイル、コルク(未処理)の接着に最適です。ヘラやクシ目ゴテ等を使い、DIYでも簡単に接着させることができます。
自然塗料 AURO(アウロ) No.311の特長 化学物質過敏症の方にも
自信を持って提供しています
Nr.380は臭いがなく、施工後も化学物質からできた接着剤特有の嫌な臭いが一切ありません。 Nr.380は建築用接着剤において一番安全性が高い商品です。
自然塗料 AURO(アウロ) No.311の特長 成分は99.7%天然
最高の安全性「F☆☆☆☆」取得
ホルムアルデヒドの放散量に関する検査において最高の安全性「F☆☆☆☆」が認められています。そのため、施工中も安全に作業ができ、乾燥後もシックハウス症候群の主な原因物質ホルムアルデヒドをほとんど放出しません。 また、高い安全性が認められているので、室内使用に制限がなく、家全体にお使いいただけます。

注意事項

  • *室内専用製品です。床材やタイルの接着に適しています。その他、リノリウム、テキスタイル、絨毯、プラスチックタイル(Pタイル)、ビニル床タイル、塩化ビニル樹脂系床材、クッションフロア、コルク(未処理)、フェルト、ジュート、サイザルに使用できます。
  • *浴室やシャワー室等、直接水の影響を受けるところには使用できません。
  • *粘着物(糊、接着剤、シール、両面テープ)の上には使用できません。粘着物の残留物等は完全に除去してください。
  • *床暖房に対応します。床暖房の上限温度は30℃。事前にスイッチを切り余熱がない状態で施工を開始し、完全接着するまで床暖房の使用は控えてください。
  • *希釈せず原液でご使用ください。(下地処理:吸水性が高い下地に対しましては本製品を3倍に希釈しプライマーとして下地に塗布してください。)
  • *当データは下地の材料や状態および貼付ける床材の種類によって異なるため事前テストを行ってください。
  • *本製品には特筆すべき危険物質や有害物は含まれておりませんが、作業の際は耐油性保護手袋、エプロン、作業着等を着用し、接着が皮膚につかないようにしてください。
  • *容器を開けた際、液体表面に薄い膜が形成されている場合がありますが、混ぜずに除去してください。
  • *作業前と作業中はよくかき混ぜてください。
  • *接着剤の漏洩物及び洗浄廃液は、水域、下水道、地下水、飲料水系へ漏出しないようにしてください。
  • *当製品の説明書だけでなく、必ず貼付ける材料の説明書を参照してから作業に当たってください。
  • *作業経験の少ない方は作業経験が豊富な方の指示を仰ぎながら作業をしてください。
  • *施工温度が18度以下、湿度が65%を超えないようにしてください。接着物および接着剤(本製品)の温度も同様です。
  • *作業中は直射日光を避けてください。
  • *作業中に固まってしまった接着剤はすべて除去し、再度混ぜないでください。
  • *接着剤を下地表面全体に均一に塗布してください。クシ目ゴテ等を用い部分的な塊ができないように注意してください。
  • *接着剤の塗布から床材の貼付け作業までは最大20分以内としてください。貼付けるまでに接着剤が乾かないように注意してください。
  • *目地から溢れ出てきた接着剤や意図しないところに付いてしまった接着剤は、湿ったスポンジですぐに除去してください。
  • *保管は確実に密栓し、子供の手の届かない冷暗所にて。(作業中も子供の行動には要注意)

塗り方に関する補足

*ご使用の前に
  • 適切な下地:セメント、木材、合板、石膏ボード、砕石マスチックアスファルト、酸化マグネシウム等の鉱物繊維板。(30℃以上になる床暖房設備や著しく湿度の高い場所には使用できません。)下地の素材は、平滑で清潔、且つ乾燥した状態で硬く、伸縮性やクッション性がないものが原則です。また油脂等の残留物や継ぎ目、割れ目がなく、化学的に中性で、適度に吸水性があることを確認してください。
  • 下地は必ず平滑で乾燥した状態にし、接着する材料に応じて適切な処理を行ってください。
  • 特に吸水性および透湿性の高い下地に対しては事前にテスト(塗布量および乾燥時間、接着力の確認等)を行ってください。
  • 砕石マスチックアスファルトは吸水性が低いため、セメントレベリングコンパウンド等を用い下地調整を施してください。
  • 下地表面は作業前に、チリ、ゴミ、汚れ、焼結体、粘着物、油脂等を徹底的に除去し、中性にしてください。
*下地処理
  • 下地素材の吸水率が、非常に高い場合や一定でない場合は、本製品を3倍に希釈した溶液を「プライマー」として均一に塗布してください。こうすることで下地素材の吸水率が適度なレベルに保たれ接着効果が高まります。プライマーの乾燥時間は24時間です。
*接着作業
  • オープンタイム(貼付けまでの時間):吸水性の高い材料は塗布後すぐに貼付けることができます。浸透性の低い材料(例:リノリウム、コルク、ガラスタイル等)はオープンタイムを設けてから貼付けてください。オープンタイムの最大値:20分 (オープンタイムは状況により変化します。必ず接着剤が乾く前に材料を貼ってください。)
  • 下表を参照のうえ接着剤の必要量を計算し、本製品(原液)を下地表面に塗布します。ヘラやクシ目ゴテ等を使って、ムラなく均一にならしてください。必要に応じてオープンタイムを設け(最大20分)、接着する材料を所定の位置へ正確にフィットさせ、適度な圧力を加えてください。その後ローラーやゴムハンマーを使用して気泡を押し出し、接着材料全体を確実に圧着してください。20~30分後、接着剤が固まり始めたら再び床材の表面をロールし確実に圧着してください。特に床材の端や隅にあたる部分、および接合部は入念に圧力を加えてください。接着材が必要以外の場所に付着した場合は、濡れた布やスポンジで早急に拭きとってください。接着剤の水分により膨張する可能性のある材料(繊維質)を貼る場合は事前テストを行い、サイズの確認を行ってください。接着剤が完全接着するまで(目安:72時間)はグラウトを使わないでください。

テクニカルデータ

塗装回数・塗布面積
  • 標準塗装回数:1回
  • 塗布面積:1回塗り1kg当たり約3.5m2
    容量 塗布面積(00g/m2)
    5kg 17m2 ≒ 5.1坪 ≒ 10.2畳
    10kg 35m2 ≒ 10.6坪 ≒ 21.2畳

    ※塗装方法や使用方法によって大きく変動しますので事前テストを行い、正確な必要量を確認してください。
    ※あくまでも参考目安としてご利用ください。

乾燥時間
  • 乾燥時間の目安(約20℃ 相対湿度60%)
    指触乾燥 48時間
    完全硬化 3日

    ※低温、および過剰な塗布量が原因で大幅な乾燥の遅れが発生します。

テクニカルデータ
  • 外観 → 液体状では白色、乾燥後は薄い灰色。
  • 液体性質 → 水性
  • 容器材質 → ポリエチレン製(空容器はリサイクル可)
  • 粘土 → ペースト状
  • 器具の洗浄 → 使用後は早めに残留物をきれいに洗い流してください。
  • 品質保持期限 → 未開封にて購入から2年間

製品ラインナップ

床・フローリングの保護床のお手入れに悩んでいる方必見。「天然無垢床材の保護」「複合フローリングのケア」「汚れた床の対処」等に関する製品情報はこちらからどうぞ
接着剤室内の壁・天井は面積が大きいため住人の健康を左右する重要な要素です。「壁紙用の接着剤」こそ天然原料で安全安心なものをお選びください。DIYも可能です。
自然塗料天然成分だからこそ美しい。安心して生活できる空間づくりを自然塗料でお手伝い。
お家のお掃除生分解性があり人や環境に大きな負担をかけないお掃除用品です。生活必需品として使用されるお掃除用品は安全安心なものを選びたいですね。