AURO 321 ウォールペイントに混ぜて壁に色を付ける着色顔料

AURO 330 321専用水性顔料

【使用成分】全成分公開
  • 鉱物系顔料
  • 天然エステル系の結着剤
  • セルロース
  • アブラ菜油とヒマシ油の界面活性剤
  • アンモニア
  • チアゾール
【成分構成グラフ】
  • 天然原料1天然原料1
  • 天然原料2天然原料2
  • 鉱物原料鉱物原料
  • 合成原料合成原料

AURO 129 成分構成比率

自然塗料 AURO(アウロ) No.330の特長 ウォールペイントに最適な
8色の基本カラー
AURO(アウロ) 330はAURO 321ウォールペイント専用の水性着色剤です。基本カラーは全8色、白色のペイントに本製品を混ぜることで色を付けることができます。植物オイルをベースに色褪せのない天然ミネラル(鉱石)を顔料として使用しています。
自然塗料 AURO(アウロ) No.330の特長 混合率を調整し、
薄い色から濃い色まで多彩な発色
AURO 330の混ぜる量を調節していけば薄い色合いから濃いものまで楽しむことができます。お客様の色選びの参考としてホームページでは1カラーに対して混合率を変えた8パターンを表示しています。 また、AURO 330は単体使用も可能で濃い色合いのウォールペイントとしてもお使いいただけます。
自然塗料 AURO(アウロ) No.330の特長 AURO 321 ウォールペイントの
優れた安全性を損ないません
着色をしてもAURO 321の優れた透湿性や安全性を損なうことは一切ありません。また、塗り易さも変わらないため、液垂れしにくく、DIYや経験のない方でもハケ・ローラー等で簡単に塗装することができます。 仕上がりは色が付き、石灰質のような光沢のないマットな質感です。

注意事項

  • *気温10℃~30℃、湿度85%以下の環境下でご使用ください。(人口強制乾燥厳禁)
  • *乾燥を促すため、適度な換気を行ってください。
  • *製品が変質を起こさないよう、他の製品や物質を混合しないでください。
  • *製品は直射日光の当たるところに放置しないでください。また塗装作業も、直射日光を避けて行ってください。
  • *塗料の漏洩物及び洗浄廃液は、水域、下水道、地下水、飲料水系へ漏出しないようにしてください。
  • *やむをえず液体を処分する場合は、乾燥させた後、可燃ごみとして廃棄してください。 ※余った製品を送っていただければ弊社で処分することも可能ですので、お問い合わせ下さい。
  • *空容器を廃棄する場合は内容物を完全に除去した後で処分してください。
  • *保管は確実に密栓し、火気を避け、子供の手の届かない冷暗所にて。(作業中も子供の行動には要注意)

カラーラインナップ

No.321との混合カラーチャート 自然塗料 AURO(アウロ) No.330 カラーチャート ↑ クリックでPDF拡大表示 ↑

塗り方ガイド

単体で使用する場合
  • ■使い方と注意
    • 一度に厚塗りし過ぎますと、乾燥に要する時間が長くなりますのでご注意ください。
    • 作業の際は塗料が皮膚に触れないようにしてください。
  • ■石膏塗装面、プラスターボード、ジプサムボードに塗布する場合
    • これらの下地は吸収力が高く、また吸収率にムラもありますので、当製品に20%の水を加え粘度を下げ、一度下地塗りを施してください。
    • 塗装面はきれいな乾燥状態にしてください。油汚れやテープ類、洗剤成分などが残っていないようにしてください。
    • 表層の粉や遊離した塗膜等はブラシ等で事前に落としてください。
    • 塗装面が強いアルカリ性を示す場合は中性化してください。
    • 下地の石膏が新しい場合は、施工から4週間以上乾燥(硬化)させてください。
    • ハケやローラー、スプレーガンを用い、壁または天井に規則正しく塗布してください。
    • 仕上げ塗装時、加える水は10%以下としてください。
  • ■既に塗装やコーティング、壁紙等が施されている面に塗布する場合
    • ウレタン・ペンキ・ラテックス等、グロス系塗料の表面上に当製品を塗布する際は、サンドペーパー等で極力古い塗装膜を落とすか、AURO No305(天然万能下塗り材)を 下地に塗布してからお使いください。
    • 表層の粉や遊離した塗膜等はブラシ等で事前に落としてください。泥は完全に洗い流してください。
    • 下地塗装の定着が悪い部分は剥がし補修してください。剥がれたり定着の悪いウォールペーパー(下地)は糊づけし、完全乾燥させてください。
    • 下地は吸収力が高く、また吸収率にムラもありますので、当製品に10%の水を加え粘度を下げ、一度下地塗りを施してください。
    • 仕上げ塗装時、加える水は10%以下としてください。
No.321に混ぜて使用
  • ■使い方と注意
    • カラーチャートの配合率を目安にしてください。
    • 意図する色がでるまで、断続的にかき混ぜながら少しずつ顔料を注ぎ入れてください。
    • AURO No.321の着色顔料として使用する場合の、混合比率の限度は特にありません。
    • 最適な混合比率を定めるため少量で事前のテストを行ってください。テスト塗りでは、乾燥時間の確認、乾燥後の発色の確認も行いましょう。
    • AURO No.321の着色顔料として当製品をお使いになる場合は、 AURO No.321の「商品説明」も必ず併読してください。
  • ■塗布・塗装に関して
    • AURO No.321をご参照ください。

NAVIGATION 

COPYRIGHT 2016 AURO JAPAN Corporation ALL RIGHTS RESERVED